google検索結果に著者情報

kensa1

通常のgoogle検索結果は、↑こんな感じなんだけど・・・

最近特に多く見かけるようになった、検索結果に著者情報表示の画像・・
これさ~やってみたいなぁ~っと思ってたんですよ。
でもね~、顔がはっきりわかる写真が必要なのと(だって、高齢だしね~あんま出したくないよね~)
しかもFace Bookのように実名登録ってコトで・・むむむ・・・
ちょっと、ちょっとなぁ~って・・感じだったんだけどね・・・
とりあえず載せられるかどうか、やってみたくなったんだよね~

出来てから、顔写真をイラストに変更したりとかは考えるとして・・・

 

あ・・・でも・・・やばい・・・設定でかなり てこずりました・・・

———————————————————————–
▼more
まず、必要なのは

①google+のアカウントをとること

②自分のコンテンツにGoogle+プロフィールをリンク
アカウントをとったら、てっとり早いものとして、mailでの登録があるとのコトでそれをやってみた。
(詳しい設定方法はこちら
ドメイン名のアドレスを持っているので、それを利用したんだけども・・・
で、こちら↓で設定ができているか、確認できるんですが・・

構造化データ テスト ツール

作成者情報のメール確認できません。。。。。

えっ?できてないんですか・・・

じゃー次は、現在使っているwordpressのAll in one seo PAck2.0.1に
入れる方法があるみたいなのでやってみた。

one1

ここにgoogleのプロフィール(21ケタの数字)を入れる。

後、一応Blogのフッターに著者情報を入れた。

(footer.php)

<li><a href=”https://plus.google.com/114301755288920822436?rel=author”>サイト管理者:miyako irie</a></li>

そして、もう1回テスト

構造化データ テスト ツール

goo1

 

できたよー。
実際の検索結果に反映されるまでには2~3日かかるみたいでね~。
楽しみに待ってよーっと・・・

そんでもって、3日後・・

pure2

反映されたみたいだ。
なんか結構恥ずかしいね~~・・・
でも、できたので嬉しい~(笑

でも、あれだ・・不思議なんだけど・・いろんなキーワードで検索してみたんだけど・・
画像が表示されるものもあれば、今までのように、文字だけの結果のもあるんだよね・・
そこのところの線引きは何のか?
う~ぅん、色々いじってみたけど・・わかんなかった・・

あ・・・ダメだ~疲れた・・・・

でも、次はイラスト表示に挑戦してみよーかなぁ~
自分で描いたものが、顔として認識されるのか??
それはちょっと楽しくもあるね~~

また疲れそうだけどねぇ(笑・・・

コメントを残す