ベッキー

家のブーゲンビリアが明るい色の花を付けた。
もうすぐ、もっともっと暖かくなるね・・・

歩く事ができなくなっていたベッキーは
おばあちゃんの懸命のマッサージで少しの距離であれば移動できるように
なった。

ひざかけを抱えたまま、歩こうとするベッキー。
bekki69


でも・・・食べることは、ままならない・・
まあちゃんとおばあちゃんは、その日にあった事をメモに残してくれている。

bekki045

顔を上げた時を見計らって、お水を持って行くとお水を飲む・・
飲んでくれるだけで嬉しい。

抱き上げた時・・体重は半分位になっているように感じる・・

きっと、そばで人の気配がすると、安心すると思うから・・
みんなで交代で、そばにいる・・・

もし、我が家が二人だけの共働きだったら・・
ベッキーは、病院に預けるしか方法はなかったかもしれない・・

本当に、みんなで住んでいて良かった・・・

声をかければ、きっとベッキーは安心するね。
やっぱり、長い間住んでいるこの家にいる事が一番だよね。

さぁ・・目を覚まして顔を上げたら・・・
もう一度、スープを飲ませてみよう・・・

今度は、飲んでくれるかもしれない・・・・

ベッキー” に対して1件のコメントがあります。

  1. Keiko より:

    >声をかければ、きっとベッキーは安心するね。
    やっぱり、長い間住んでいるこの家にいる事が一番だよね。

    そのとおりだと思いますよ。
    ベッキーもみなさんもがんばってください。

    1. より:

      Keikoさん、いつもコメントをありがとうです。

      ほんとうに、これで良いのか??と自問自答しながら・・
      でも、自分がベッキーだったら・・と思った時を考えて
      出した答えです。
      辛いけど・・
      毎日と、今までと同じように接する事・・
      同じように暮らすこと・・
      そばにいること・・
      頭をなぜてあげること・・
      声をかけること・・
      それが今できることだと思っています。
      がんばるね、ありがとう~

  2. t より:

    あ、べがぺになってるごめんなさい。

    1. より:

      どんまいです~。
      ありがとう~

  3. t より:

    ペッキーーーー!

    1. より:

      ありがとうございます~

コメントを残す