熟成された久佳さんの山葡萄カゴ

覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?久佳さんのカゴの事。
今年(2019年)の5月に、ご紹介させて頂いた久佳さんから
季節のご挨拶に、新たに画像を頂戴いたしました。
これが、まぁ~なんとも!ほんとに素敵なんですよー。
ぜひ、山葡萄カゴファンの方々に見てほしいなぁ~って思います!

なんとも風合いが増してますね~
いくつかの季節を越えて、ますます素敵になってきています。
ワインでいうところの、熟成された感じって言うんでしょうか?
まろやかに、艶やかに・・・うっとりしますね。

そして、秋らしさをさらに纏うように・・

差し色として紅葉の燃えるような赤のフェルトで作られたバックインバッグ。
こういったバックインバックで衣替えできるのも
山葡萄かごの楽しいとこでもありますね。
秋に合わせてのそのチョイス!まさに神業ですよー。

そして、久佳さんからもうひとつのお知らせ

そして最近、普段使いように小さめのかごバッグが仲間入り。
予算の関係で残念ながら筒井さんのものではありませんが(笑)
古布藍染の鶴柄のカバーがとてもお気に入りでございます♪

うわぁ~可愛い!
小さめのかごという事、使い勝手も良さそうですね~。
そして、またカバーの可愛いことったらないですね~。
ジャストサイズで、丸みのある縁も、優しい雰囲気に仕上がってて素敵。

そして、そして、忘れちゃいけない、久佳さんと言えば、
カゴだけではなく、山葡萄の下駄も鮮やかに履きこなすオシャレの達人。

その下駄に新たな仲間入りの下駄がお目見え~

向かって右が今まで履いてらっしゃった下駄ですね。

並べてみると一目瞭然ですね!
まだ1年2ヶ月の使用ですが、毎日履いている為育ち方が尋常ではないようです(笑)

まるで何十年の時を経たアンティーク家具のようない佇まいになっています。

ほんとおっしゃる通り、とても、1年2ヶ月しか履いてないとは思えないほどの艶ですね~。
艶々なあめ色です。
科学的には、味わえない色つやといいますか・・
自然と、時が織りなすハーモニーですね。

こうして、何度も季節を一緒に過ごした物達は
毎日にとって、重要なもので・・
そして・・・かけがえのないものとなっていくのですね・・・

わたしにとっても、カゴは
他には代えられない大切なカゴとなっているんだ・・・

メールを頂き、こうして季節の変わり目に、かごの様子を教えて頂けるのは
ほんとうに、嬉しくありがたいことだと思います。
遠く離れていても
カゴで繋がっているように思えて嬉しくなってきます。

久佳さん、どうも、ありがとうございました。

さあ行楽の秋・・・
山葡萄のカゴを持って、どこに出かけましょうか?


※みなさんのカゴもお元気ですか?
もし、その後のカゴのお知らせ頂けましたら、ブログ上でご紹介させてください。

熟成された久佳さんの山葡萄カゴ” に対して1件のコメントがあります。

  1. アバター 匿名 より:

    いい色ですねー。

    イブちゃんと下駄たちも元気ですよ。

    1. アバター より:

      tさん、こんにちは~
      すごくお返事が遅れました。申し訳ありません。
      通常メールで、コメントがあるとお知らせがあるのですが・・・
      ここの所、色んなメールが大量に来ていて
      見逃してしまっていました。
      ほんと、ごめんなさい。

      >イブちゃん
      わぁ~それは素敵ですね~
      きっと、ますます良くなっていらっしゃることでしょうね。
      私のやまぶーも元気です!
      この冬は、どうゆう風に持とうかなぁ~などと考えています~。

      tさんの下駄は、ファッションとのコーデもステキですよね~

  2. アバター Keiko より:

    かっこいいなぁ。
    感性も付き合い方も全てかっこいい。

    1. アバター より:

      おはよーございます(≧∇≦)b
      keikoさん、ホントカッコイイですよね〜
      こういった久佳さんのようなライフスタイル。

      私も、自分に合った物で大好きな物を
      長く大事に身に着けたり、そばに置いて置いたりしたいなぁ〜って思います。
      見習いたいです〜
      カゴで季節感じられるのも
      山葡萄カゴの良さですね

コメントを残す