日常が非日常になる日

3月11日に参加させて頂いた、【みんなの空】3/11空の写真を撮って下さい。というもの・・
この日集まった空の写真は7921枚にものぼったそうです。

mailで、主催者の大杉隼平さんから展示会のお知らせがありました。

そして、ブログでは下記のような発信がされていました。
———-
原文のまま

20キロ圏内に行きました。
音のない世界。気配のない場所。はりつめた空気感。
あんなに無音な世界ははじめてでした。でも知りたかった。今、放射能で多くの人達は苦しみ
非日常が日常となってしまう事を
そして、それを伝える事の意味をしっかりと知りたいと思いました。
写真展がはじまる日から1年前。福島、宮城に救援物資を持って行きました。
あの日に見た光景が今も20キロ圏内にはあって、時間が止まることを感じました。

今回の写真展は今の福島の写真が中心です。20キロ圏内の写真も多数あります。
そして福島では福島の人達の生の声を集めてくれている人達がいます。

今、改めて一緒に知ってみませんか?
その想いを。こんなにも情報が世の中に溢れる中で感じ方も受け取り方もそれぞれだと思います。

でも現実を知る事はとても大切な事です。「日常と非日常 1年経って思い出したあの日」
このタイトルに込めた想い。
3月11日
「空の写真を撮って送って下さい。同じ空の下、みんなが繋がっていられますように…」
集まった写真は約8000人。1日の空としては世界で1番の数で、想いの集まりです。
1枚に繋ぎ展示会で初公開となります。
その想いの結集は圧倒的で圧巻です。なにかがしたい….その想いの集まりです。今、お願いがあります。
この展示に1人でも多くの方に来て頂きたいと思います。
それがなにかのきっかけとなり繋がっていきますように。どうか告知をお願いします。大切な人に。
展示会中は自分も毎日会場におります。この1年間、自分なりに全力で向き合い全力でできることを探し続けてきました。
今も探し続けています。今、みなさんにお願いです。どうかあなたにこの想いが届きます様に。情報発信を1人1人の発信をお願いします。
————————
この記事を読んで展示会に行ってみたくなりました。
福島の今の写真が見たくなりました。
幸い、展示会が開かれる原宿まではそんなに遠くないので
お休みの3日(木)を利用して行って来ました。
(画像クリックで、ちょい大き目画像)
画像は頂いたパンフレットで、みんなから送られた空の画像で出来ています。
一枚一枚良く見ると、空の写真になっています。
自分が撮った画像も探してみましたが、残念~わかりませんでした・・(汗

 

この日、時間を間違えて早く到着しちゃったのですが
主催者の大杉さんは心良く会場を案内してくださり、
又、撮られた写真の説明まで丁寧にしてくださったのです(感謝・・)

 

展示された福島の写真は、どれも胸に迫るものがありました。
人の思いの重さに、つぶされそうな気さえしました。
少しでも、福島の人達の悲しみの重さが軽くなるように・・
自分のできることで・・・って改めて思いました。
これは、みんなでペイントして絵を作る「ちきゅう」です。
指の先に青の絵具を付けて、ペタンとしました。
この場所が、まあちゃんのペイント場所です。
支援の一環として販売されていた、廃材で出来たコースターを購入しました。
早速、PC脇に置いて愛用してます。
このコースターを見るたびに・・
これからも自分のできる事を考えるようにしようと・・・
そう思いました・・・・

日常が非日常になる日” に対して 4 件のコメントがあります

  1. m より:

    忘れてはいけない。。忘れられない日になりましたね。
    千葉県も被災しましたから、もちろん忘れられないのですが、自然災害だけじゃない重くつらい福島の方々のことを思うと、自分にできること!を考えます。

    「脱原発を実現させよう!目指せ1000万人署名」の用紙を手元においてあります。
    明日は家族が集まりますので、みんなに署名をしてもらいますよ。

    1. より:

      mさん~お返事遅くなってしまってごめんなさい。

      >忘れられない日
      ほんとですね・・これからずっと3月11日が何度巡ってきても
      あの日の事を思い出すと思います。
      それからの事も・・・きっと・・

      >脱原発
      これからも、日本に住んでいる限り
      いつどこで地震が起きても、おかしくない状況ですもんね・・・
      そして、人間の想像では、計り知れない力を自然は持っていると思います。
      予測できない事のほうが多いように思う・・・
      脱原発・・実現したいですよね・・・

  2. Keiko より:

    とても価値のある時間を過ごされたのね。 
    ほんとうに大切なことと思ってもつい惰性に流されてしまうものですが、
    都さんファミリーはフットワークも軽く、どんどん参加なさって素晴らしいです。

    ここにできることは小さくてもそれらがつながれば大きな力になりますね。
    先日のホワイトハウスへの陳情の件でもご協力ありがとうございました。

    1. より:

      Keikoさん~またまた遊びに来てくださってありがとーございます~

      >価値のある時間
      わぉ!おっしゃる通りですね♪
      1年以上を経過して、もう一度忘れないこと、風化させないこと・・・
      改めて思いました。

      >ここにできることは
      ほんとですね。
      自分では何もできないと悩むより
      沢山の輪で集まった力は、大きなものも動かせる力となると思います。

      >ホワイトハウス
      いえいえ~ごめんなさい。Keikoさん
      リンク先から内容は見てみたのですが
      未だ行ってないのですよ~。
      協力したうちに入らないですね~。
      13日までに、がんばって署名させて頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。